2007年07月27日

防水 携帯


携帯各社の違いは、ユーザーにとって、どの携帯電話を選んだらいいかを判断する決め手となる、重要な情報です。


 携帯電話は、電話料金と本体価格の著しい低下により、90年代後半に急速に日本中に広まりました。それと同時に、携帯各社は、顧客を獲得するための熾烈な競争を強いられることになりました。

 携帯各社の違いを打ち出す、このような動きによって、携帯電話機の多様化・高性能化が進み、最近では電話機一つでカメラ・オーディオプレイヤー・ウェブページ閲覧・メール送受信など、通話以外の複数の機能を持つものが主流になっています。


 携帯各社の違いを浮き彫りにする競争は、ユーザーに、携帯電話の選択の幅が広がるという、嬉しい結果をもたらしました。携帯電話への加入の際は、携帯各社の違いをよく見極め、自分に合った機種・サービスをじっくり検討したいものです。


『ケータイ。濡れた手でも通話できます。』携帯電話防水ソフトケース アクアトーク フレックスプラスレギュラー シルバー
商品価格:399円
レビュー平均:4.71

携帯電話はどうして防水ではないのですか?
携帯電話はどうして防水ではないのですか?(続きを読む)



「FOMA F704i」の発売で国内向け Symbian OS 携帯が61機種に
インターネットコム
これにより、現在までに日本で発売された Symbian OS 搭載携帯電話は、合計61機種となった。 「FOMA F704i」は、同日 NTT ドコモから発売された富士通製端末で、「WORLD WING(3G)」に対応、IPX7および IPX5等級の防水性能を備え、海外でも使える防水携帯。 ...(続きを読む)



防水ケータイ「F704i」と超薄型ケータイ「N704iμ」は7月20日発売
F704iは、薄さ17.9mmのコンパクトボディながら1メートルの水深に30分間放置しても浸水しないIPX7、および全方向から水をかけても推進しないIPX5相当の防水仕様の富士通製FOMA携帯電話。 3色LEDとホワイトLEDによる点灯パターンが楽しめる「フローティング ...(続きを読む)



タグ:防水 携帯

posted by 携帯各社の違いについて at 08:47 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。