2007年12月10日

携帯 料金


 電話加入権とは、NTT東日本・西日本の固定電話に加入・設置するための権利のことで、電話加入権を購入する際に必要な料金は「施設設置負担金」といいます。


 電話を家庭に引くには、まずこの電話加入権をNTTから購入しなければなりません。NTTの固定電話の場合、電話機自体はさほど高額ではありませんし、通話料は使い方次第ですが、電話設置のハードルともなるのが、この高額の電話加入権です。電話加入権はコースにもよりますが、どれも数万円かかります。


 とはいえ、世の中には、電話の加入権の買取・販売をしている業者も存在します。この業者を介すると、電話の加入権を定価よりもかなり安く手に入れることができます。


 電話の加入権をこれから購入しようと考えている方は、そういった業者をあたってみてもいいでしょう。



番号ポータビリティでケータイ料金を安くする本
商品価格:499円
レビュー平均:0.0

なぜ自分で携帯料金も払えないような中高生の子供に携帯を持たせてしまう親が増え...
なぜ自分で携帯料金も払えないような中高生の子供に携帯を持たせてしまう親が増えているのですか?皆で持たせないようにすれば何も問題が起きないのに。携帯に振り回され携帯会社に騙されているのは親の方では?(続きを読む)



au、契約純増数が急減…新料金プランに「誤算」
読売新聞
(河野越男) 11月の携帯電話契約の純増数はソフトバンクモバイルが19万1600件と7か月連続で首位を確保した。自社同士の通話が原則無料となる料金プランが引き続き人気 ...(続きを読む)



販売員の説明不足により、高額な携帯代の請求が来た!
よくあるパターンとしては、「新しいタイプに変えると○ヶ月料金が無料」と、機種変更すれば料金が安くなると宣伝しながら、短期間で解約した場合に思わぬ料金がかかるとか、携帯電話の利用方法の説明不足、説明の誤りから、客が予期しなかった料金を負担 ...(続きを読む)



タグ:携帯 料金

posted by 携帯各社の違いについて at 16:24 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。